はことふね

主にゲームのレビューや考察をしています。

MENU

【遺品整理】ゲームレビュー/兄の部屋を掃除して衝撃の真実を知るホラーゲーム

この記事では、とみとうゲームズ様が制作された『遺品整理』についてネタバレありのゲームレビューと一部ストーリーの考察をしていきます。こちらの作品は両親と兄を亡くした主人公が実家の遺品整理を通して家族の真実を知るホラーゲームです。

この記事はこんな人におすすめ!

⚫︎考察しがいのあるホラーゲームが好きな人

⚫︎驚かし要素が比較的得意な人

⚫︎『遺品整理』のレビューを知りたい人

※この記事はゲームのネタバレを含みますのでご注意下さい。

 

▼こちらのゲームの実況動画もあげております。

★ぜひ高評価・チャンネル登録にて応援頂けると励みになります…!

 

『遺品整理』あらすじ

主人公の清二には両親と兄がいたが、両親が事故で亡くなりその後兄も亡くなった。長年引きこもりであった兄は広い家で1人孤独に亡くなっていた。誰もいなくなった実家を片付けていく中で清二は兄の真実を知ることになるのだが…。

『遺品整理』ゲーム情報

ジャンル:ホラーアドベンチャー

制作者:とみとうゲームズ

プレイ時間:45分程度(2周目で別エンドを回収する場合は1時間程度)

エンディング:2種類(部屋の清潔度によってエンディングが分岐する)

▼以下のサイトからDL可能(ふりーむ)

ゲームの特徴・評価

実家の掃除を通して兄や両親の悩みや想いに触れていく

プレーヤーは久しぶりに足を踏み入れた実家の掃除(ゴミの処分・汚れ落としなど)をひたすら行うことでゲーム内のノルマを達成する必要があるのだが、その中で兄や両親の日記などを読むことになる。そこで初めて兄や両親の考え・悩みに触れ、兄がなぜ引きこもってしまったのか?両親はずっと何を思っていたのか?などを知ることになり、その情報を通して兄の死の真相を探っていく。

兄の死の謎・実家に隠された秘密など考察しがいのあるストーリーが魅力

物語のテーマは非常に重く心にくるものがあるが、兄の悩みだけが本当に彼を死に至らしめたのか?実家に現れる女性の幽霊の正体と主人公を襲う理由は何なのか?など考察しがいのあるストーリーが展開されている。操作はわりとシンプルなので、ぜひゲーム内の実家の様子やアイテムなどを丁寧に見てじっくりと考察してみて欲しい。

『遺品整理』ストーリーの考察

この作品のメインは「兄はなぜ死ぬことになったのか?」だと思うが、それ以外にも実家に現れる女性の幽霊や地下室の意味などの疑問が浮かぶ。そこで今回は一部だがそのストーリーについて考察してみたいと思う。

兄の死に関する内容

主人公の兄は確かに仕事や人間関係に非常に悩んで行き詰まっており精神的に弱っている状態ではあった。しかし彼が引きこもりを続けて最終的に餓死のような形で亡くなってしまったことには、実家に登場し清二を襲う女性の幽霊と関係があると考えられる。なぜなら、兄の日記に「彼女ならわかってくれるだろうか」のような文言があったり、謎の地下室を隠していた壁のシミ(女性のような模様)と同じものが描かれた紙が兄の部屋から見つかっていたからだ。清二いわく兄はとても優しく繊細な人間だったようなので、女性の幽霊に同情したり、それが原因で引き込まれそうになっていた可能性がある。

家にいた女性の幽霊は何者?

家にいる女性の幽霊の正体については、実家に隠されていた地下室と血だらけの惨状から察するに何かしらの事件に巻き込まれた結果、地下室に閉じ込められて亡くなった女性と考えられる。事件の詳細は不明だが女性の日記からは犯人を非常に憎んでいることや、他にも複数名の人間が閉じ込められていたこと、そしておそらく彼女がその中で最後まで生き延びていたのは他の人間を食料にしていたからなのではないかと推察できる。しかし最終的には食べるものが無くなり、何もない地下室で彼女は餓死したのだろう。

この状況は栄養失調で亡くなった兄の状況と通ずるものがある。片付けに入った際の兄の部屋は食料のゴミも大量にあったため、最初から食欲が無かったとは考えづらい。さらに両親が亡くなってから兄が亡くなるまでそれほど長くなかったようなので、金銭的な問題でもなさそうだ。もちろん両親を亡くして食欲が落ちるのは当然だろうが、結果的に餓死までいってしまったということは、この女性の幽霊が関係している(同じ死因になるように精神的に引き込んだ?)と思われるのだ。

TRUE ENDから見る兄の姿

ストーリーの内容は重めだがTrueEndでは兄が清二を襲ってきた女性の幽霊から守ってくれる上に、兄が女性の幽霊と親しくしている様子がギャグ要素も含めてムービーとして流れる。2人は最終的に共に成仏していくのだが、ずっと実家に縛られていた女性の幽霊を成仏させるほどの何かが兄にはあったこと、そして死してなお弟を守ろうとやってきた兄の優しさが垣間見える。清二に「あきれるほど優しかった」と言われるほどの兄が次は幸せになれることを願わずにはいられない。

おわりに

☆『遺品整理』の良いところ
・手軽にホラー感を楽しむことができる。
・考察しがいのある謎多きストーリーが好きな人に特におすすめ。

 

△『遺品整理』の気になるところ
・驚かし要素があるため苦手な人は要注意。

 

気になった方はぜひプレイしてみて下さい!

 

最後までお読み下さりありがとうございました。